Prasadam

​神に捧げたお供物/ 神の慈悲

Teaching by Paramahamsa Vishwananda at Tokyo  Japan

22 Oct. 2018 

家庭でできる最もシンプルな食事の捧げ方

Paramahamsa
Vishwananda

『愛とともに捧げられた食物は

 プラサーダムとなり

 それは神そのもの

 無限の愛と慈悲です。

 それは神との愛の交流であり

 霊性の道を歩む者にとって​

 プラサーダムを食べることは

 どのサーダナよりも重要です』

菜食料理の準備をします。

     心、身体、身だしなみ、

     台所、調理器具、

     すべてにおいて

      清潔であってください。

調理器具は菜食専用の

      物を使用します。

      これは非常に重要です。

材料に肉類、魚介類、

     卵、酒類は使えません。

     ねぎ、にんにく、にら、

     玉ねぎ、らっきょうなど

     臭いのきつい食材を

    使用するのも避けてください。

こころを込めて調理します。

 途中で味見はしません。

他の目的に使用していない

 お捧げ専用のお皿に

 できあがった料理を

     少しずつ取り分けます。

 

お捧げするお食事を

     適切な場所に置き、

     静かに座わります。

     心の中または声に出して、

     自分なりの感謝の祈りを

     捧げます。

     そのあと2分くらい

     お皿を置いておきます。

 

お捧げした料理を

      プラサーダムとして受け取り、

 調理した器具にもどします。

 お捧げ専用のお皿から

     直接食べてはいけません。

お捧げ専用のお皿は

      専用のスポンジで洗い、

  専用の布巾で拭きます。

 食卓をととのえ、

  プラサーダムを食べる前に、

         食前の祈りを唱えます。

     E-Veggie

    ラデ・ラデ