Ekadashi

特別な日の断食

瞑想ガーデンのビュー

『ヒンドゥーの伝統では、月ごとによって定められた断食をします。断食をするしない、またどの方法によるか選択をするのは、個人次第です。バクティの道を行くほとんどの人たちと同様、一人ひとりが、ユニークで異なる神との関係性をもっているからです。断食をどのように行うべきか規則はありません。もしあなたが断食をするのであれば、エカダシの日に行うことをすすめます』

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ

エカダシとは、第11番目の日という意味で、ヴィシュヌ神の献身者たちは、新月から11日目と満月から11日目に断食をします。吉兆なエカダシの日にヴィシュヌ神へ捧げる断食は、特別な祝福とプンニャ(果実)が得られるとされます。

エカダシの前日は、日没前の午後に一食だけプラサーダム(神に捧げたお供物)をいただきます。当日は厳密に断食し、翌日は日の出後にプラサーダムを食べて断食を終えます。

 

エカダシの断食は、必ず穀物を断ちます。水も飲まない完全断食。水だけ飲んでよい断食。フルーツだけ食べてよい断食。ミルク、フルーツ、ナッツを食べてもよい断食があり、各自の意志と体調に合わせて行います。どの種類の断食にするか選択してから、断食を始めます。

エカダシの日にち(日本用)

2021年

6月6日、21日

7月5日、20日

8月4日、18日

9月3日、17日

10月2日、16日

11月1日、15日​

12月1日、14日​、30日

BUY
NOW

Paramahamsa
Vishwananda

Why We're Great >

パラマハンサ ヴィシュワナンダ

モーリシャス島出身の

神実現を果たした霊性の師。

文化、宗教、人種の枠を超えた

無限の愛の境地から

人びとのハートを開き

”自己の本質”に目覚めるよう

究極の道しるべを与えています。

  Paramahamsa Vishwananda  Internationl Blog

  2015年10月30日

 

『霊的な道における断食は

 常に食物に支配されている心を

 食物から解放し

 心が絶えず神に思いを捧げている

 段階へとあなたを引き上げます。

 過食による重い負荷は

 集中力を鈍らせます

 断食によって心身が軽くなり

 神に集中、あるいはサーダナ

(信仰心をもって行う修練)

 をするのが容易になります』