日本人の心身が欲する

旬の野菜、穀物、お豆、ナッツ、海藻などから作る

菜食料理は“愛”がスパイス

天恵のおいしさに目覚め、生命エネルギーを高めましょう

ささっと夏ベジ手巻き

ご家族が揃った週末や夏休みのランチにおすすめ、菜食手巻きずし。具は野菜、豆腐類、豆類、きのこ類……なんでもOK! すし飯は、少しかために炊いたごはんに、梅酢と塩を混ぜるだけ。胃に軽く、食後にさっぱりとした満足感が味わえます。



夏野菜の手巻きずし

写真の材料(参考)

●さっと焼いたズッキーニ、よもぎ生麩、エリンギ、油揚げ

●細長く切った赤パプリカ、天日干したくわん、高菜漬け、しょうがの酢漬け

●塩ゆでして実を取り出し、豆乳マヨネーズであえた枝豆

●レタス、青しその葉


すし飯の作り方

1 土鍋か炊飯器に胚芽米2合、昆布10cm、水を入れて2時間ほどおき、普通に炊く。

※すし飯用に、かために炊きあがるように水加減してください。

2 赤梅酢大さじ3と塩小さじ1/2を合わせ、炊きあがった①に手早く混ぜる。


ほんんり桜色、簡単すし飯

どんな組み合わせでも具の相性バツグン


わさびしょうゆで

11回の閲覧

     E-Veggie

    ラデ・ラデ